ウルセラドライというわきが治療法があるのはご存じでしょうか?

わきがに悩んでいる人たちへの認知度という点ではまだ高いものではありませんが、この治療方法にはいろいろなメリットがありますので、このサイトでも取り上げてご紹介することにしました。

施術しているのが、神奈川県にある「川崎中央クリニック」だけで、ウルセラドライはここの登録商標となっています。

ウルセラドライの効果

ウルセラドライは、川崎中央クリニックの院長である南部医師が開発した治療法で、前立腺がんの治療や顔面のたるみの治療で使われているUlthera社のウルセラシステムを使って、わきがの原因となるアポクリン汗腺や多汗症の原因となるエクリン汗腺の機能を破壊する方法する方法です。(汗腺の機能については一度破壊されると再生しないので、効果が持続します。)

ウルセラシステムとは超音波を焦点を定めて高密度に照射する仕組みで、これによって汗腺というピンポイントを狙って熱損傷を与えることにより、汗腺の機能を破壊し汗を出にくくする効果を生み出すのです。

ちなみに、ウルセラドライによる治療の効果の満足度ですが、1回目の治療で約70%、2回治療すればだいたいの人が満足しているという病院サイドのデータになっているようです。

ただし、ネット上の口コミなどを見ると、2回受けても効果に満足していないケースがあり、効果に個人差があることは否めません。

ウルセラドライに限ったことではありませんが、ネットの口コミ情報や評価は満足している人よりも悪い印象の評価が圧倒的に投稿されやすいので、その辺のバイアスは見極める必要があります。

ウルセラドライの特長・メリット

ウルセラドライの特長としてまず挙げられるのは、わきが手術とは異なりワキを切開しないという点です。

このためわきが手術よりも施術時間が短くて済み、その後の日常生活への影響はほとんどないため、仕事などにも影響を及ぼしません。

また切らないので、傷痕が全く残らない点も大きなメリットです。

最も多く施術されている代表的なわきが手術の剪除法(せんじょほう)と比較してみましょう。

わきが治療 効果 治療時間 仕事、生活への影響 傷痕 多汗症への効果
ウルセラドライ 40分程度 冷却・鎮静後すぐに復帰 残らない あり
剪除法 2時間程度 1週間以上の脇固定 数センチの傷痕 ある程度あり

このサイトの他のページでも説明していますが、わきがに対する効果という観点で考えると、もちろん個人差はありますが、剪除法が最も高い効果をあげられる可能性が高くなります。

ウルセラドライは超音波エコー画像でアポクリン汗腺を見るとは言え、目視して物理的に取り除く剪除法と比較すると、アポクリン汗腺へのアプローチの精度では、つまり効果の点では剪除法に軍配があがりますが、ウルセラドライは切らない治療法なので、前述したように上記の他の点でのメリットが多くなります。

特に、仕事をしている場合の術後の影響を考慮すれば、ウルセラドライという治療方法は検討に値するでしょう。

ウルセラドライのデメリット

ウルセラドライのデメリットについても以下の表で剪除法と比較してみましょう。

わきが治療 治療効果 保険適用 費用 施術できる病院
ウルセラドライ なし
(自由診療)
30万円 川崎中央クリニックのみ
剪除法 適用できるケース多い 保険適用なら10万円以下 多い

剪除法も自由診療の場合には30万円程度の負担になりますから、ウルセラドライと費用面で大きな差はありませんが、剪除法は保険適用できるケースが多く、そうなると費用負担面でウルセラドライはデメリットが大きくなります。

ちなみに1回目で満足できない場合には、2回目は半額、つまり2回目は15万円になります。
自由診療なので負担は大きいですが、他の自由診療の施術方法と比較して決して高いというわけではありません。

また、施術できる病院が川崎中央クリニックの1カ所のみなので、首都圏にお住まいならまだしも地方の方の場合には地理的なデメリットは否めません。

ウルセラドライによるすそわきが治療・やチチガ治療

ウルセラドライの特長の一つと言ってもいいと思いますが、わきの下だけでなく、他の部位にも対応できる点があります。

わきがの原因となるアポクリン汗腺は、脇の下だけでなく、デリケートゾーンや乳首、耳の中にも存在しています。

デリケートゾーンのわきがをすそわきが、乳首のわきがをちちが(乳輪わきが)と言いますが、これらのニオイで悩んでいる人(特に女性)が一定数います。

これらの部位のわきがについては、手術が難しく、治療方法が少ないのが難点でしたが、ウルセラドライはアポクリン汗腺が存在する部位についてはどこでも照射することができるので、治療が可能となっています。

すそわきがやチチガで悩んでいる人にとっては、有力な選択肢の一つとなる治療方法であることは間違いありません。

ウルセラドライQ&A

<以下、ウルセラドライの公式サイトから抜粋して引用>

ウルセラドライを受けられない人はいますか

以下の方は施術できません。

  • 電子機器を埋め込んでいる方(ペースメーカーなど)
  • 局所麻酔で問題の起きた方
  • 他の疾患を併発している方はご相談ください
治療後に痛みや腫れはありますか?

治療後、痛みや腫れの症状はありませんが、多少ヒリヒリとした感じや治療部位のむくみが出る場合がありますが、当日〜翌日には回復しますので、ご安心ください。

以前他のわきが手術を行いましたが、ウルセラドライの治療は可能ですか

治療可能です。わきがの外科治療を受けた方の再治療としても高い効果が得られます。

ウルセラドライの治療後のケアは何か必要ですか?

当日から普段どおりの生活が送れるのが一つの大きなメリットですが、わきの皮下組織は熱傷をしたような状態ですので、激しい運動は避けて下さい。

ウルセラドライの治療は年齢制限はありますか?

特にありません。未成年の方は、保護者の同伴をお願いしております。同意書を印刷していただき、必要事項をご記入・捺印の上、来院時に受付へお渡し下さい。