わきがは遺伝するので、自分がわきがだった場合、自分の子供のわきがの状況が気になる人はかなりいるようです。

わきがはアポクリン汗腺が原因となりますが、このアポクリン汗腺は第二次成長期ころに急速に発達します。

男子よりも女子の方が第二次成長期が早く来るので、女子の場合なら10才くらいから、男子なら12才くらいからわきがの臭いが出てくると言われています。

そして、アポクリン汗腺の成長はだいたい高校生くらいには、大人と同じくらいに成長していきます。

子供自身は最初は気にしていないケースが多く、親だけが過敏に反応するのはどうかと思いますが、ニオイの問題は学校などでいじめの原因になったりという深刻な状況につながることもあるため、子供の状況をよく見守っておく必要があると思います。

もし、わきがが原因で子供が悩み、不登校などの事態につながるような恐れがあるなら、いろいろなわきが対策を提示するなどして力になってあげられるように準備しておくといいのではないでしょうか。