わきがも多汗症も汗をかきやすいという点では共通しているので、混同している人もいるみたいですが、症状は異なります。

2つの大きな違いは汗の種類にあります。

多汗症の汗は、いわゆる一般的な汗です。

一般的な汗とは体温調整のためにエクリン汗腺から出る汗で、さらさらしています。

この汗は体温調整のためになくてはならないのですが、多汗症の場合には体温調整に必要な汗の量をはるかに超えて出てしまいます。

エクリン汗腺は全身にあるため、脇の下に限らず全身どの部分でも発症する可能性があります。

(よくあるのは手足、顔、頭などですが・・・)

わきがの場合はどうかというと、アポクリン汗腺から出る汗が元になっています。

アポクリン汗腺は原始にはフェロモンの機能を果たしていたと言われ、体では脇の下を代表とする一部にしかありません。

この汗はエクリン汗腺のようなさらさら汗ではなく、べとべと汗です。

なぜべとべとしているかといえば、脂肪分が多いからです。

この汗が元になって、細菌が発酵分解することで、わきがの嫌なニオイになるのです。

ということで、わきがと多汗症は汗の種類が根本的に違うのです。