脇の下を清潔にしておく、ということは基本的にはわきが対策の一つになりますが、それだけでわきがを防げるものではありません。
しかも、逆にわきがを悪化させてしまう要因になってしまうこともあるので注意が必要です。

脇の下だけでなく体を清潔にしておくということはいいことだとみなさん認識していると思います。

日本人は特に清潔好きなので、ほとんどの人は毎日お風呂に入って、専用のタオルでゴシコシと体を洗っているのではないでしょうか?

ここで、ちょっと待って下さい。

ゴシゴシって、ちょっと洗いすぎになっていないでしょうか?

ご存知かもしれませんが、実は洗いすぎは皮膚や体臭によくないんですね。

洗いすぎは皮膚への直接的なダメージだけでなく、皮膚表面に常在しているいい細菌にダメージを与えてしまいます。

皮膚表面にはものすごい数の細菌が住みついています。

細菌というと悪い菌ばかりを想像しがちですが、いい働きをする(人にはなくてはならない)細菌も数多く存在します。

皮膚表面では「表皮ブドウ球菌」がいい菌です。
この「表皮ブドウ球菌」は、皮膚上の汗や皮脂を栄養源にして、皮膚を酸性に保ち、いい香りの元である脂肪酸をつくってくれます。
この働きによって、人の皮膚がしっとりとうるおいがあって、いい香りを発するようになります。

逆に悪い細菌は「黄色ブドウ球菌」「真菌」なんかです。
これらは、悪臭の元になる脂肪酸やアンモニアを作り出します。

体を洗いすぎると、皮膚表面にいい細菌である「表皮ブドウ球菌」がほとんどいなくなって、悪い菌がはびこる状態になってしまう恐れがあります。

このように、「きれいにしよう!」と力を入れて、ゴシゴシと体を洗っていると、悪臭の原因をつくり出しているかもしれないのです。

脇の下でも同じような現象が起きる可能性があります。

男性のように脇毛が生えているなら、ゴシゴシやっても脇毛がクッションになって、ほとんど影響はないと思われますが、脇毛ケアをしている女性の場合には脇の下のゴシゴシ洗いはやめておくべきでしょう。
(もちろん脇の下以外の洗いすぎもですが・・・)

それではどうやって洗うかですが、よく洗顔の仕方とかで紹介されているように、よく泡立てた泡の力で優しく洗う方法がいいと思います。

ということで、体のいい細菌は守ってあげましょうね。