ストレスが人の体に様々な影響を与えることは常識となっていますが、わきがに対しても悪影響を与えます。

ストレスを受けると、副腎皮質ホルモンや男性ホルモンが多く分泌されて、それによって皮脂の分泌が増えます。

そして、皮脂が溜まっていって活性酸素が生まれやすくなります。

活性酸素は体臭の原因となる脂肪酸を増やす要因となるので、自ずと体臭(わきがだけでなく)がきつくなっていきます。

さらにストレスは発汗を促します。

この場合の発汗は、普通のエクリン汗腺からの汗だけでなく、アポクリン汗腺からの分泌物も増えるので、ダブルパンチでわきがに悪影響を与えます。

アポクリン汗腺でわきがが強くなるのは当然として、エクリン汗腺の汗の増加でもわきがが強くなります。)

このように、ストレスはわきが臭が強くなる要因の一つとなるのです。