わきががどんな臭いか、言葉で表現するのは非常に難しいのですが、明らかに普通の「汗臭い」のとは異なります。

汗臭いという臭いは皆さんもわかると思います。

ツーンと鼻を刺激するような酸っぱい臭いです。

汗臭さの元になるのは、体温調節のためにエクリン汗腺から出るいわゆる通常の汗ですが、この汗自体はそもそも臭いません。

この汗が体に付着している様々な菌によって発酵分解されてあの汗臭さになります。

ですから、ほっておけばおくほど発酵が進み、臭いはきつくなっていきます。

そして最終的には、ずっと風呂に入っていないホームレスの人のような臭いとなるのです。

一方のわきがの臭いは上記のような汗臭さとは異なるのですが、それは元が違うからです。

わきがの元はエクリン汗腺の汗ではなくて、アポクリン汗腺からの分泌物です。

このアポクリン汗腺からの分泌物はエクリン汗腺の汗とは異なり、脂肪酸が多く含まれています。

そしてこの分泌物のエクリン汗腺の汗と同様それ自体は無臭なのですが、これを分解発酵する常在細菌も異なるために、通常の「汗臭さ」とは明らかに区別できる臭いとなります。

繰り返しになりますが、言葉では表現しにくいのですが、あえて説明するなら「汗臭さ」のような酸っぱい感じはなく、「タマネギっぽい臭い」と表現する人もいますし、わきがの程度が低ければ、ちょっといいニオイと感じる人もいるようです。

わきがの臭いはそもそもフェロモンとして機能していたと言われていて、個人のニオイの嗜好によってはいいニオイと感じる人もいるみたいです。

日本人はそもそも清潔好きでわきがの人の割合は少ないため、やはりわきがを受け入れられる人はほとんどいないと思いますが、自分のわきがの臭いが気にならなければ、それは悩みではないわけで、そのまま自然体でいるといいのではないでしょうか。