わきが治療についても、他の医療術式のように、いろいろな方法が生み出されています。 現在施術されている主な術式としては、以下のような方法が挙げられます。

  • 剪除法(せんじょほう):皮弁法とも言います。
    一番施術されている術式で、脇の下を切開して、皮膚を裏返してアポクリン汗腺を目で確認しながら切除する方法です。目視でアポクリン汗腺を切除するので、確実で最も効果が高いと言えます。
    保険適用で受けられるケースも多く、費用負担面でもメリットがあります。
  • ミラドライ(マイクロウェーブ法)
    この方法は皮膚を切開せずに、マイクロウェーブ(電磁波)を脇の下の皮膚表面にあてて、アポクリン汗腺、エクリン汗腺を破壊します。マイクロウェーブが水分の多い汗腺をターゲットにして熱を発生させて機能を破壊する仕組みです。
  • クワドラカット法
    4-5ミリの切開創から、ギザギザ刃のついた吸引管(カニューレ)を挿入して、アポクリン汗腺を削って吸引除去していきます。傷痕が目立ちにくいのが特徴で、生活への支障も比較的少なくて済みます。
  • 超音波法
    脇の下を切開して器具を挿入し、アポクリン汗腺を含む皮下組織を超音波の熱で焼いて破壊する方法です。超音波を強く当てすぎるとやけどをおこし、やけどの痕が残ってしまいます。脇毛を残したい人にとっては脇毛を残せるメリットがあります。
  • 皮下組織削除法
    脇の下を切開して、ローラーとカミソリがついた器具を挿入して、アポクリン汗腺をそぎ落す方法です。

もちろん上記以外の方法もあり、クリニックによっては「新しい最先端の方法を採り入れています!」みたいなアピールのためなのか、あまり知られていないネーミングの術式を採用しているところもあります。

上記に挙げただけでもいろいろな術式があるのはご理解いただけると思いますが、どの術式であっても狙いは同じです。

その狙いとは「わきがの原因となるアポクリン汗腺を取り除く、破壊する」というものです。

上記の術式の違いとは、取り除いたり、破壊したりするやり方の違いです。

どの術式にもメリット・デメリットがありますが、わきがを本当に治したいということであれば、剪除法が一番効果が高くおすすめです。

ただし、剪除法でも100%完治の保証はできず、再発リスクは残ります。
(他の方法より再発リスクは低いですが)

それに、施術者の技術レベルにもよりますので、手術例の多い病院・クリニックの方が安心なのは言うまでもありません。