わきが治療にはいろいろな方法がありますが、代表的なものを挙げると以下のような方法があります。

  • 剪除法(せんじょほう):皮弁法とも言います。
  • ミラドライ(マイクロウェーブ法)
  • クワドラカット法
  • 超音波法
  • 皮下組織削除法

これ以外にもいろいろな治療方法があるようですが、健康保険が適用になる可能性があるのは、最初に挙げた一番多く手術が行われている剪除法です。

ただし、どこの病院・クリニックでも保険適用になるかというとそうではなくて、剪除法でも保険適用にならないところも数多くあります。

また、保険適用になるところでも、わきがの症状が軽い場合には保険適用外になることもあります。
(通常、わきが手術に踏み切るのは相当悩んでいる人なので、程度の軽い人はごく稀ですが・・・)

いずれにしても剪除法以外は自由診療=100%自己負担となってしまいますので、費用負担は数十万円にもなり、個人負担としてはかなり大きくなるので、まずは剪除法のメリット・デメリットを見極めて検討してみることをおすすめします。

剪除法のメリット・デメリットはこちらからご参照ください。

また剪除法なら以下のクリニックは実績も多く、医師の技術も高く、費用負担も少ないのでおすすめです。