わきがは言うまでもなく、体臭という臭いの問題です。

臭いの問題はものすごくデリケートですが、それがどのくらいの悩みの深さになるかは、個人の感じ方次第です。

言ってみれば、当たり前ですが本人が気にならなければどんなに臭い体臭、わきがでも全く悩みにならないのです。

完全に憶測ですが、ホームレスの人は周りにどんなにものすごい強烈な臭いを撒き散らしていようと、本人はほとんど気にしていないんじゃないかと思います。

例えが悪かったような気がしますが、わきがの臭いも同じ程度の臭いであっても、気にしていない人もいれば、非常に気にしている人もいるはずです。

これは良い悪いではなく、悩みとは個人の感じ方一つで大きく変わるのですが、わきがの手術を考えるにあたっては、自分自身の悩みの原因をもう一度考えてみてほしいと思います。

もし自分が臭いに敏感で、自分のわきの臭いがものすごく気になる場合、当然ひどいわきがじゃないかと考えて悩みの深さはどんどん深くなり、ひどければ対人恐怖症などの精神的な病にまでなってしまうこともあり、すぐにでも医師によるわきが手術によって完治させたいと思うかもしれません。

しかし、ちょっと冷静になって考えてみて下さい。

あなたのわきがはそれほどひどくないかもしれませんし、もしかしたらわきがですらないかもしれません。。。

こんなことを書いてしまうと、「そんなはずはない」と言われてしまいそうですが、実際にそのような人がいるのです。
(もちろん、自覚している通りの重度のわきがの人が多いですが・・・)

体臭については、自分が一番近い距離で嗅いでいるので気になるかもしれませんが、他人はそれほど気にしていないことが多いものです。つまり、客観的に見れば、それほどひどいわきがではない可能性があります。

そして、そもそもわきが臭でない臭いが気になっているかもしれません。

これらの場合、いきなりわきが手術を希望して、希望通り手術してもらったとしても、悩みが解決できない可能性があります。

わきが手術は悩みの解消への期待が強いのは当然ですが、残念ながら手術を受けても悩みが解消できない人もかなりいます。

まずは自分自身の悩みの元になっている臭いを客観的に判断することをおすすめします。

気になる臭いは本当にわきがなのか、わきがだとしてもその症状はどの程度なのか、

それらの点について、信頼できる専門の医師のもと明確にしてから、わきが手術が本当に必要なのかどうか、決断していただきたいと思います。

ちなみに、すぐに「手術しましょう!」とか言ってすすめてくるような医師はおすすめできません。
中には、患者さんの要望だけを聞いて、手術をしようとする医師もいるようなので要注意です。