一番多く施術されている剪除法では、再手術を行う際でも、手術内容に変わりはありません。

最初の手術でも、再手術でも、皮膚を切開して反転させて、アポクリン汗腺を目で確認しながら切除していきます。

したがって、再手術の場合には、切除するアポクリン汗腺は、最初の手術よりも格段に少なくなっているはずですが、やることは同じです。

ところが、器具を使った吸引法などは、アポクリン汗腺を目で確認しない手術方法です。

したがって、再手術の場合にはどこにアポクリン汗腺が残っているかわからないため、手術の難易度が上るという点が指摘されます。

少し話は変わりますが、再手術を検討する場合には特に、自分の悩んでいる臭いが本当にアポクリン汗腺による臭い(つまりわきが)なのか、を確信をもっておくことが必要です。

再発したと考えている臭いがアポクリン汗腺による臭いではない、というケースがかなりあるからです。

この場合には、何度手術を受けても、悩みは永久に解決しません。

病院を転々と変えるという不幸な状況になりかねないので、手術の場合には初回・再手術に限らず、臭いの原因がアポクリン汗腺であることをはっきりさせてから臨まなくてはなりません。