この質問の回答はなかなか難しいです。

というのも、わきがの悩みは単純にわきがを治せば必ず解消されるというものではないからです。

わきが手術、一般的には剪除法という術式ですが、これは物理的にわきがの原因となるアポクリン汗腺を実際に目で見て切除します。

この手術法で、きちんとアポクリン汗腺を除去できればわきがは再発することなく、完治したと言える状態になります。
(アポクリン汗腺をきちんと除去できるかどうかは施術者のレベルにもより、100%除去は保証できませんが・・・)

いい先生に巡り会えて、仮に手術でわきがが完治して客観的にわきが臭がしなくなったとしても、これで手術を受けた人が確実にわきがの悩みから解放されるかはわかりません。

わきがの悩みとは言ってみれば、自分の体臭に対する悩みです。

もし、手術を受ける前に、いわゆるわきが臭だけでなく、汗臭さも混合した臭いに悩んでいるとしたら、どうでしょう。

確かに手術によって、わきが臭がしなくなったとしても、わきが臭以外の汗臭さのような体臭は依然として発生することになり、自分の体臭の悩みからは解放されないのです。

臭いの問題は非常にデリケートで、悩んでいる本人にとっては非常に深刻なケースもあり、それは心の病になっていることがあります。

そのような場合には、悩んでいる本人は自分のニオイに対して非常に神経質になっていることが多く、わきがの手術をして客観的にわきが臭については治ったとしても、心の悩みの解消につながらないこともあるのです。

医者の中には、患者さんの要望に従って、すぐにわきが手術をしてしまう医者もいるようですが、それでは患者さんが本当にわきがで悩んでいるのかわからないまま手術しているだけであり、その場合手術をしても悩みが解消されないということにつながりかねません。

わきが手術の前にはカウンセリングを通じて、自分の臭いの悩みの原因はどこにあるのかを見極めましょう。そして、悩んでいる臭いが本当にわきが臭なのかを検査する必要があります。
(実際にはわきがでないのに、わきがだと思い込んで、悩んでいる人がいます。)

手術=悩みの解消ではないので、最初から手術ありきで考えるのではなく、悩みの原因を特定することからスタートさせたいものです。