わきがに飲酒は悪影響を及ぼすのでしょうか?


飲酒は喫煙と並んで、健康への影響面でなにかと取り上げられますが、わきがだけでなく体臭にも影響を与えることは間違いありません。

なぜなら、お酒を飲む人はわかると思いますが、お酒を飲むと血行がよくなって体がポカポカとしてきます。

このように血管が拡張して体温が上昇するとともに、汗腺も活発に働き、発汗が増加します。

この発汗の増加というのが、体臭に悪影響を及ぼします。

体温調整のためのエクリン汗腺だけでなく、わきがの元になるアポクリン汗腺も活発化するのです。

急激な発汗による汗はニオイの原因物質が多く含まれていると言われ、皮膚表面にいる細菌によって発酵分解されて、嫌な臭いを撒き散らします。

さらに、アルコールが分解されてできるアセトアルデヒド、酢酸も悪臭物質となっていくので、飲酒は体臭にとって悪影響を及ぼすことは疑いようもありません。

ただし、少しだけいいことを挙げておくと、適度な飲酒はストレス発散になるので、それは体臭にとってはプラスです。

ストレスと体臭の関係についてはこの質問で回答していますが、ストレス発散できれば体臭にもいい影響を与えるのです。

でも、適度な飲酒というのはなかなか難しいことで、ついつい飲み過ぎてしまうこともありがちですから、トータルで考えれば、やっぱり飲酒もタバコ同様体臭にとってはマイナスということになるでしょうね。


コメントを残す

Top