わきが治療の位置づけ

わきがを改善させるにあたっては、様々なわきが対策が存在します。

もっとも基本的な対策として、脇の下を清潔にすること、生活習慣の改善、ミョウバン水などの自分できるわきが対策があり、その他にも多くの制汗剤やデオドラントなどの商品によるわきが対策などがある中で、最終的なわきが対策として位置づけられるのが、わきが治療(わきが手術も含む)です。

わきが治療は、かかる費用の大きさに比例するように、期待される効果も大きなものになりますが、残念ながら100%わきがを根治させるわきが治療方法は確立されていません。

わきが治療に踏み出すには大きな決断が必要であり、どの治療方法を選択するかは、メリット・デメリットなどを総合的に判断して、自分にとってのリターンとリスクを慎重に見極める必要があります。

このサイトではわきが治療に関して多くの情報を提供し、わきがに悩む人たちのわきが治療選択の一助になればと考えています。

代表的なわきが治療法

わきがの治療法はいくつもありますが、以下に代表的なものを簡単にご紹介したいと思います。

どの治療法もわきがの原因となるアポクリン汗腺をターゲットにして、切除したり、機能を破壊したりすることで、わきがを治すというアプローチという点では共通しています。

  • 剪除法(せんじょほう):皮弁法とも言います。
    一番施術されている術式で、脇の下を切開して、皮膚を裏返してアポクリン汗腺を目で確認しながら切除する方法です。目視でアポクリン汗腺を切除するので、確実で最も効果が高いと言えます。
    保険適用で受けられるケースも多く、費用負担面でもメリットがあります。
  • ミラドライ(マイクロウェーブ法)
    この方法は皮膚を切開せずに、マイクロウェーブ(電磁波)を脇の下の皮膚表面にあてて、アポクリン汗腺、エクリン汗腺を破壊します。マイクロウェーブが水分の多い汗腺をターゲットにして熱を発生させて機能を破壊する仕組みです。
  • ウルセラドライ
    この方法はミラドライと同じように皮膚を切開しない治療方法です。ミラドライとは異なり超音波を脇の下の汗腺をターゲットにして高密度照射して汗腺の機能をを破壊します。この方法を施術しているのは川崎中央クリニックだけなので、代表的なわきが治療法とは言えませんが、注目されている治療方法としてこのサイトでは紹介しています。
  • クワドラカット法
    4-5ミリの切開創から、ギザギザ刃のついた吸引管(カニューレ)を挿入して、アポクリン汗腺を削って吸引除去していきます。傷痕が目立ちにくいのが特徴で、生活への支障も比較的少なくて済みます。
  • 超音波法
    脇の下を切開して器具を挿入し、アポクリン汗腺を含む皮下組織を超音波の熱で焼いて破壊する方法です。超音波を強く当てすぎるとやけどをおこし、やけどの痕が残ってしまいます。脇毛を残したい人にとっては脇毛を残せるメリットがあります。
  • 皮下組織削除法
    脇の下を切開して、ローラーとカミソリがついた器具を挿入して、アポクリン汗腺をそぎ落す方法です。

おすすめのわきが治療法

上記で代表的なわきが治療法をご紹介しましたが、人それぞれに悩みの深刻さや治療に対する考え方、費用負担できる金額など条件が異なりますので、何を優先させるかで、おすすめの治療法が変わってきます。

ここでは条件面を4つに絞って、おすすめのわきが治療法をご紹介したいと思います。

治療効果最優先の方におすすめ

わきがの治療効果が一番期待できるのは剪除法です。

なぜそう言えるのか?

理由は簡単です。剪除法以外の方法は治療法の差こそあれ、わきがの原因となるアポクリン汗腺を直接見ることなく治療を行うという点では同じだからです。

これは大きな違いです。

アポクリン汗腺は目で見れば確実にわかります。目で確認しながらであれば確実に切除できるのですが、他の方法は実際にアポクリン汗腺がどれだけ切除できている(ミラドライはアポクリン汗腺をどれだけ破壊できているか)か、取り残しはないか、を確認できないため、医師の経験だけが頼りになります。

結果として、アポクリン汗腺の取り残し、再発リスクは剪除法よりも高くなってしまいます。

重度のわきがで確実な効果を最優先するなら、剪除法が一番おすすめです。

費用負担最優先の方におすすめ

費用負担については、当たり前ですが健康保険適用できるかできないかで大きく変わりますが、保険適用になる可能性があるのは、基本的に剪除法しかありません。

剪除法以外は自由診療なので100%自己負担となり、どの治療法でも費用負担は数十万円とかなりの高額になってしまいます。

剪除法なら自己負担は両脇で10万円未満ですみますので、費用負担をできるだけ抑えたいなら、剪除法しかないでしょう。

ただし、病院・クリニックによっては保険適用にならないところもありますし、保険適用になる病院でもわきがの程度が軽ければ、保険適用にならない可能性があります。

生活への影響最優先の方におすすめ

上記の2つ条件だけを考慮するなら、剪除法しかないという感じですが、剪除法の大きなデメリットは、術後の日常生活への影響です。

剪除法は脇の下を圧迫固定して脇の動きがかなり制限されるので、しばらく日常生活に支障がでることは避けれらません。

抜糸は1週間から2週間程度で行われますが、少なくともそれまでは生活に影響が出ます。

デスクワークなら早めに復帰できると思いますが、肉体労働系なら少なくとも1週間は休まなくてはいけなくなると思います。

このような生活への影響を最小限にしたいなら、ミラドライかウルセラドライがおすすめです。

ミラドライもウルセラドライもわきが治療法の中では切らない治療を特長にしていて、しばらく腫れや痛みが残ることもありますが、比較的生活への影響は少なくて済むことは間違いありません。

治療痕最優先の方におすすめ

治療痕という点を優先させるなら、切らない治療法であるミラドライかウルセラドライがおすすめになります。

ただし、ミラドライの場合には、しばらく脇の下が膨らんで腫れたり、でこぼこしてしまうことがありますし、ウルセラドライでは、人によってはやけどの痕がしばらく残ってしまう事例があります。

これらについては長くても数ヵ月で解消されることが多いのですが、非常に稀なケースですが人によってはずっと残ってしまうこともあるようです。(治療効果も含めて、残念ながら個人差があり、どの治療方法にもリスクはあります。)

おすすめのわきが治療法まとめ

以上4つの条件でのおすすめの治療法をご紹介しましたが、管理人の個人的な見解ですが、総合的に見て剪除法が一番おすすめです。

しばらくは生活への影響はありますが、わきが治療という重大な決断を下すなら、治療効果と費用を考慮して剪除法がおすすめという他ありません。
(もちろん仕事の関係で、剪除法のように大きな影響が出ては困るという人も多いとは思いますが・・・)

剪除法は一番行われているわきが治療法ですが、それは多くの医者が効果が高いと考えているからこそ、この治療法を採用していることの裏付けとも言えると思います。

わきがの治療法の選択をする場合には、まず剪除法を第一に考え、剪除法ではどうしても自分の要望に適さないという結論になったら、その上で他の治療法について検討していくことが望ましいのではないか、と考えています。

Top